• PHP理念経営研究センター

「ビジネス書」と日本人 連載スタート!

この連載では、PHP理念経営研究センターの首席研究員である川上恒雄の著書『「ビジネス書」と日本人』(PHP研究所刊、2012年)の中身をご紹介していきます。



目次



まえがき


序論 日本人にとっての「ビジネス書」という存在

  • 本論に入る前に

  • 新渡戸稲造とマーデンの人気

  • 自己鍛錬と処世能力――好もしい“会社人間”への模索

  • 読書階層としてのサラリーマン

  • 経営学、心理学、実用英語――戦後サラリーマンの知的武器

  • 「カッパ・ブックス」と実用の知識

  • 創業経営者の人気――処世法の技術科に対する反動?

  • 知識、情報、未来――60年代からみたポスト産業社会

(以降、順次更新)





18回の閲覧0件のコメント